KN-80 CPP装置

CPP装置 画像クリックで拡大
カタログ1-page62

星薬科大学 薬品毒性学教室 鈴木 勉教授御指導
マウス用・ラット用があります。
【仕様】
●KN-80-1 CPP装置ラット用
暗箱寸法    :W1,460×D450×H600 mm
ボックス寸法  :W600×D300×H300 mm
CPP本体装置寸法:W350×D262×H143 mm
●KN-80-2 CPP装置マウス用
暗箱寸法    :W760×D350×H450 mm
ボックス寸法  :W300×D150×H150 mm
CPP本体装置寸法:W350×D262×H143 mm
【目的】
本装置は薬物の報酬結果、および嫌悪効果を測定することができます。
その結果より薬物の精神依存を予測することができます。
さらに、薬物の抗不安効果の測定にも応用できます。
【機能】
白箱または黒箱内の動物の滞在時間を測定し、それをコンピュータ処理します。

1.マウス、ラットの白黒箱内の滞在時間を5分単位で集計します。
また、移動回数も測定できます(最大15分まで)
2.暗箱が付属します。
3.2ケージ1セットで2chを1組とします。(マウス及びラット用)
4.測定結果の表示、ファイル保存のソフトも付属で付きます。
※センサーAMP、演算、通信、調光を一つのユニットに内蔵しています。
測定結果をLCDで表示するため、パソコンなしでも単体で測定が可能です。
※ 詳細はカタログをご覧下さい。