KN-560 遠赤外線保温装置

遠赤外線保温装置 click image
カタログ1-page12
全身麻酔下では、中枢神経系や筋肉の活動が抑制されます。そのため、熱生産が抑制され体温の低下が起こりやすくなります。低体温による機能障害を防ぐため、また麻酔薬の代謝を早めることで蘇生時間を短縮し、麻酔事故を減少させるため、体温の管理は大切です。

キャスター付スタンドや壁かけ式など、設置方法に関してはご相談ください。

●KN-560-DHWB050EN
外  寸:W920×L214×H226
(遠赤外線保温本体部のみ)
消費電力:0.5kWh
暖房能力:430kcal/h