KN-709 自動飼育機 スクレーパー式

自動飼育機 スクレーパー式 画像クリックで拡大
カタログ2-page12
  • お問い合わせ
  • 印刷
ケージから水洗板上に排出された汚物を、自動処理することができる飼育装置です。
洗浄水とスクレーパーによるシンプルな処理機構でトラブルのリスクを軽減し、労働安全衛生水準の向上や省力化に貢献します。
また、独自の駆動チェーン機構により、従来品より駆動時の安定性と静音化の向上を実現しました。

ILAR推奨のウサギ、サル、イヌ等の大型ケージにも対応可能で、設置する飼育室に応じてご希望の列段数にて製作致します。

・対応動物種:マウス、ラット、ウサギ、イヌ、サルなど
・2枚 / 段式スクレーパーによる各段同時駆動方式
・制御ユニット付(スクレーパー駆動回数・先行水時間等設定)
・自動給水配管及びノズル付
・過負荷時自動停止機能付

【オプション】

・各段独自制御方式への変更
飼育している段のみ使用することが可能です。
飼育数が少ない時に省エネを実現します。
・陰圧方式への気流変更
人へのアレルゲンや臭気対策がとれます。
・自動給水オートフラッシング機能
24Hタイマーで自動的に給水配管内をフラッシングすることが可能です。
・排水ピット洗浄機能
スクレーパーにて汚物を排出したあとに、排水ピットに自動で水を流し洗浄します。
・自動給餌装置
給餌作業の省力化に貢献します。